• 資格の目標設定について
  • 資格の目標設定について

方向性を決めるきっかけにしよう

エンジニアに資格は必要か

ITエンジニアの仕事は特別な資格なしでもできるものが多く、人によっては資格など必要ないと考えている人もいます。実際、システム開発の仕事は経験が重要なのは確かですが、現場で本当にできる人は、忙しい合間にも何らかの資格試験を目指してコツコツ勉強している人が多いことも事実です。そのため、自分の方向性を決めるための目標設定として、IT系の資格試験を目指すことは必ず何らかのプラスになります。

勉強しなくても自然に資格がとれることもある

エンジニアの仕事をしていると、新しい情報や技術を取り入れて現場で実践したり問題に対処したりするので、常に勉強しなければならないことは多く、着実に経験を積んでいくことによってスキルが身につきます。そのため、経験あるエンジニアがそれほど勉強せずに難易度の高い資格試験を受験して合格したというケースもあります。では、資格がなくても仕事には困らないのに、なぜそれが必要なのでしょうか。

いろいろな発見がある

IT系の資格には様々な種類があるので、何から受験すれば良いか迷ってしまうかもしれません。また、会社によって取得すべき資格を指定してくる場合もあります。基本的には、自分の仕事に直接的に関係がある資格を取得しておくと自分のスキルを証明する材料として活用することができます。しかし、それ以外の資格にも積極的に挑戦することによって、自分では気付かなかった他の適性や興味を持てる分野の発見につながる場合もあり、今後の仕事の新たな方向性を決めるきっかけにもなります。
そこで、まずはどのような資格があるのかについて比較検討をしてからひとつ選んで少しずつでも勉強を始めてみましょう。新しい分野の資格でも、適性があれば勉強していてもやりがいを感じられてもっと知りたいという好奇心が湧いてくるかもしれません。適性があまりない場合、勉強していてもなかなか理解が難しく、続けるためのモチベーションを保つことが困難になる場合が多いものです。そうであれば、いつまでも向いていない資格を目指すのではなく、別の資格に気持ちを切りかえるという潔さも大切です。

目標にすることで勉強がしやすくなる

新しいスキルを身につけたり、今のスキルをさらにレベルアップさせたりするためにゴールを決めずに勉強をし始めてしまうと内容にムラができてしまって効率的に知識が入らなくなります。しかし、資格取得を目標にすると順序立てて学習プランを組み立てることができるようになり、全体を理解しやすくなります。そして、無事合格した頃にはいつの間にか自分のスキルが高くなっていることに気づき、それを仕事に活かしてさらに成長していくことができるようになります。

関連記事のご紹介

目標設定しませんか?

エンジニアにまつわる様々な目標設定について紹介するサイトです。目標設定の考え方をシーン別に紹介します。

エンジニアと目標設定
Copyright © 2016 エンジニアと目標設定 All Rights Reserved.