• キャリアの目標設定について
  • キャリアの目標設定について

転職のポイントを考えよう

転職でキャリアアップを目指す

エンジニアとしての仕事を何年か経験してくるとその会社における自分の立場が明確になってきて、今後のキャリアパスのことについて考え始める頃かもしれません。今のままでは望むようなキャリアを積むことができないということであれば、その先の目標設定として転職という選択肢が入ってくることになるでしょう。
転職理由について本音を言えば、ネガティブな理由がいくつもあるかもしれませんが、それをそのまま転職理由として面接で出してしまえば、同じ理由で次の会社も辞めてしまうだろうと評価されてしまうだけです。そのため、転職理由はポジティブな部分を全面に出すようにする必要があります。同じIT業界にエンジニアとして転職を希望するのであれば、転職によってさらに自分を成長させて、その企業で具体的にどう貢献したいのかということを面接の場で自信を持って言えるようにするためにも、普段からエンジニアとしての目標を持って仕事に取り組む姿勢が必要です。

転職でアピールできるポイント

エンジニアとしての実務経験を積んでいることは職務経歴書を見ればすぐに理解できるので、そこでもれなく職務経験について記載しておくことは重要ですが、それをさらに説得力のあるものにするのが資格の有無です。ITエンジニアの仕事は資格があってもなくてもできるものが多いですが、転職などの時に資格があると自分の知識や技術を客観的に証明することができます。
IT系の資格はいろいろな種類がありますが、ITストラテジストやシステムアーキテクトなどの国家資格や、PMPのような国際資格があると先方にそれなりのインパクトを与えることができます。しかし、最終的に企業が採用の可否を判断する材料になるのは、ヒューマンスキルという場合が少なくありません。新たな人材を会社に迎えるにあたり、社員同士や顧客との良好なコミュニケーション力や協調性などのヒューマンスキルが高い人は、職場の雰囲気をさらに良いものにすることができますが、仕事ができてもヒューマンスキルに問題があるとなると、結局は仕事に何らかの支障が生じてしまうだけの結果になってしまいます。そのため、経験や資格だけあれば転職に有利になるとは限らず、人としての魅力を感じてもらうことが重要なのです。

転職専門の「ITクロスキャリア」

以下、「ITクロスキャリア」から。

自らIT エンジニアの経験をもつキャリアコンサルタントが、ご希望に合った求人のご紹介をさせていただきます。

http://www.it-cross.jp/

エンジニア出身のコンサルトなので相談もしやすく、転職前後のデリケートな内容もしっかりフォローしてくれるため安心して任せることができる転職サイトです。

http://www.it-cross.jp/

転職活動に集中したくても仕事をしながらの活動には時間的な制限もあり、思うように活動できなくてはがゆい思いをすることもありますが、転職専門のエージェントを利用すれば効率的に転職活動を行うことが可能になります。IT職専門の転職支援サービスを提供している「ITクロスキャリア」なら経験豊富なコンサルタントが自分の希望に合った転職がスムーズにできるよう、最初から最後までしっかりとサポートしてくれるので安心です。

関連記事のご紹介

目標設定しませんか?

エンジニアにまつわる様々な目標設定について紹介するサイトです。目標設定の考え方をシーン別に紹介します。

エンジニアと目標設定
Copyright © 2016 エンジニアと目標設定 All Rights Reserved.