• キャリアの目標設定について
  • キャリアの目標設定について

フリーランスのメリットを考えよう

フリーランスになることを目標にする

フリーランスと聞くと収入が不安定なことなどをデメリットと考えられることも多いのですが、ITエンジニアの場合、企業での経験とキャリアを活かしてフリーランスになることは、いくつかのデメリットが仮にあったとしてもそれらを上回るメリットがあります。そのため、今後の目標設定としてフリーランスのエンジニアになるということを検討してみてはいかがでしょうか。

フリーランスのメリットとは

同じエンジニアの仕事でも会社員とフリーランスでもらえる収入の差は大きく、フリーランスの方が何倍もの報酬になります。特に東京を中心とした関東圏内は月の報酬単価が高い案件も多く、Webエンジニアで月60万円から90万円ぐらいになることが珍しくありません。その他の地域での報酬単価はこれより少なくなることもありますが、それでも会社員としてその地域で働くエンジニアよりは、はるかに多い報酬額になることでしょう。
また、エンジニアと言えば長時間労働のイメージがあるかもしれませんが、フリーランスのエンジニアの場合は月の稼働時間が契約時に決められていて、もし140hから180hの清算幅だったとしたら、基本的にはその範囲内で働くことになり、サービス残業をすることもありません。仮に清算幅を上回る時間働いたなら、その分はきちんと報酬として受け取ることができます。
フリーランスのエンジニアとして働くメリットは、報酬が多いということだけではなく、在宅案件を受注すれば自宅で仕事をすることも可能なことで、自分の時間の使い方を自由に決めることができます。そして、どんな仕事を受けるかも自分で決められるので、これから力を入れたいプログラミング言語があればそれを扱う案件を受けるようにして、実践的に学んでいくこともできます。

高単価の案件を見つける方法

以下、「レバテックフリーランス」から。

レバテックフリーランスは、間に他社を挟まず、参画先企業と直接取引をすることによりマージンを低く押さえられ、かつ、これまでのマッチング実績により企業からの信頼が厚く、高い発注金額で案件を獲得できています。

https://freelance.levtech.jp/

言語や単価などの条件も詳細に設定されているので希望する案件を見つけやすく、フリーランスについても詳しく説明しているので初心者にも分かりやすいサイトです。

https://freelance.levtech.jp/

フリーランスのエンジニアになると、会社員の月給より多くの報酬を得ることは十分に可能ですが、問題なのは仕事をどう見つけるかという部分です。自分で営業をしながら仕事も並行してやっていくのは大変なので、フリーランス専門の案件サイトを活用した方が効率的です。おすすめなのは、「レバテックフリーランス」という案件サイトで、これまでの紹介実績も多いことから、高単価の案件も多数保有しています。

自分の理想を追求する

以下、「エンジニアズガイド」から。

面談から、理想の働き方や将来の希望をヒアリングし、どんな経験を積めば一番いいのかを考えながら案件を紹介しています。

http://www.egsguide.com/

経験豊富なカウンセラーがしっかりフォローしてくれるので今後のキャリアパスを考えている人におすすめのサイトです。

http://www.egsguide.com/

せっかくフリーランスになるならば、選ぶ仕事も妥協せず、やりたいことを追求したいと思うかもしれません。そんな人には「エンジニアズガイド」という求人案件サイトがおすすめで、業界に詳しいキャリアコンサルタントが、それぞれの希望を叶えるべく徹底的にサポートしてくれます。

関連記事のご紹介

目標設定しませんか?

エンジニアにまつわる様々な目標設定について紹介するサイトです。目標設定の考え方をシーン別に紹介します。

エンジニアと目標設定
Copyright © 2016 エンジニアと目標設定 All Rights Reserved.