• チームの目標設定について
  • チームの目標設定について

「わかりやすい」を意識しよう

いいリーダーは「わかりやすい人」

周囲の人から「わかりやすい人」と呼ばれることに抵抗を感じる人は少なくないかもしれません。人にはそれぞれ個性があるので、思ったことを心の内に秘めておいてあまり態度や言葉に出さないタイプの人もいれば、逆に思ったことや感じたことをストレートに表現したいタイプの人もいます。どちらも性格的な要素が強い部分なので、人としてどちらが正解ということはありませんが、エンジニアのチームをまとめるリーダーとして好かれるのは「わかりやすい人」の方かもしれません。

好かれることは武器になる

わかりやすい人は、嬉しい時や悲しい時の感情の表現が素直なので、性格的な裏表をあまり感じさせず、人から警戒されにくいというメリットがあります。また、思ったことをそのまま表現することによって、ものの考え方の傾向を周囲も理解しやすくなり、付き合いやすい相手と見なしてもらえるようになります。もちろん、人を傷つけるようなことまでストレートに表現していては好かれませんが、言って良いことと悪いことをきちんと選別しつつも言いたいことははっきり言えるという人は、周囲の人々から信頼され好かれる傾向にあります。そのため、人から好かれやすい人がリーダーになると部下も従いやすくなるのでチームをひとつにまとめやすくなります。
しかし、人間関係の難しさの中には「嫉妬」という感情があります。同じフィールドで働く仲間同士の間に嫉妬心が入り込んでしまうと、うまくいく仕事もうまくいかなくなる場合が少なくありません。ですが、普段から人に好かれやすい雰囲気を持っている人は、他の人から嫉妬されてもおかしくないような状況や立場に置かれても周囲が好意的に受け入れてくれたりすることが多いので、得な性格と言うこともできます。
このように、人から好かれやすい性質を持っている人は職場でリーダーシップを発揮しなければならない立場になった時、それが大きな武器になります。

なぜリーダーに向いているのか

リーダーはチームの目標設定を明確にするため、メンバー全体の意見を聞きながら最終的な判断を行わなければなりません。そんな中、リーダーの性格がわかりやすいと部下であるメンバー達も変な遠慮をすることなく、言いたいことをわかりやすく言うことができるようになります。そうすると、全体的に建設的な議論を活発に行うことが可能になり、積極的な目標も立てやすくなります。
周囲から自然と好かれる人が職場の中心に立つことによって現場の風通しもまた自然と良くなっていくので、結果としてそれが目標達成につながり、良い成果となって返ってくることになるのです。

関連記事のご紹介

目標設定しませんか?

エンジニアにまつわる様々な目標設定について紹介するサイトです。目標設定の考え方をシーン別に紹介します。

エンジニアと目標設定
Copyright © 2016 エンジニアと目標設定 All Rights Reserved.